モーリーロバートソンは天才で若い頃が気になる?妻や本も?

こんにちはbarikanです!

今回は日本を中心に活動している、

米国籍のタレントモーリーロバートソンさんをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


最近のテレビ出演が急に増えている、

モーリーロバートソンさん。

結構、訳の分からない人ですよね?

そんな、モーリーロバートソンさんを

少し調べてみました?

        メニュー

・モーリーロバートソンさんのプロフィールです

・モーリーロバートソンさんは天才?と若い頃は?

・モーリーロバートソンさんは結婚している?

・モーリーロバートソンさんの著書は?

・モーリーロバートソンさんのプロフィールです。

氏名:モーリー・ロバートソン

名前:Morley Robertson

生年月日:1963年1月12日(53歳)

出身地: アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク

学歴:東京大学(中退)・ハーバード大学

職業:DJ・ミュージシャン・ラジオパーソナリティー・ジャーナリスト・作家・通訳者

ジャンル:ダブステップ・ドラムンベース・電子音楽・パンク・ロック

日本を中心に活動している米国籍のタレント、

ニューヨーク生まれの広島市育ちですね。

両親の転勤で広島に赴任、そこで幼少期を過ごしている。

モーリーさんは、アメリカと日本をいいたり来たりして

成長しています。

特に、中学生の頃の男女間の感覚が違いすぎてびっくりしたと言っています。

アメリカでは、中一では男女が手をつなぐのは当たり前、

中三では抱擁している!

日本での中三は手をつないだら、不良!のレッテルを張られた?

こんな多感期を過ごして、

日本、アメリカで生活を繰り返していたようですね。

スポンサーリンク


・モーリーロバートソンさんは天才?と若い頃は?

モーリーさんは高校生の頃バンドに入っていました。

最初の高校は、強い希望で広島の修道高等学校に留学生とし入っています。

1年後に同校から自主退学。その後、母の実家がある富山県高岡市に母や弟と移住します。

当初、富山県立高岡高等学校は転入に難色を示し、聴講生の扱いでしばらく通学。

その後に編入を認められ1981年3月、卒業しました。

その高校時代に組んでいたロックバンドは「フリクション」です。

フリクションが地元富山県富山市のライブハウスで出演したことも!

想像できませんが本当です!

今のDJに通じるのでしょうか?

モーリーさんの天才ぶりを知る一つの出来事は、

1981年4月の大学受験で、バンド活動したままで受けた大学すべてに合格したことです。

東京大学理科一類に入学。

同時にハーバード大学、

マサチューセッツ工科大学、

スタンフォード大学、

イェール大学、

カリフォルニア大学バークレー校、

プリンストン大学

の各大学にも合格。

同年7月に東京大学中退。ハーバード大学に進みます。

東大に入ったのは、日本とアメリカの入学時期の違いとか?

そういえば海外は9月入学ですもんね!

簡単に東大を袖にしちゃった!

1988年、ハーバード大学を卒業しています。

・モーリーロバートソンさんは結婚している?

モーリーロバートソンさんは10年来一緒に住んでいる方がおられます。

女優の池田有希子さんと言う方です。

モーリーさんは事実婚と言っておりますね。

池田有希子のプロフィールです。

名前:池田 有希子(いけだ ゆきこ )

生年月日:1970年6月23日

出身地:東京都

職業:女優

身長:177㎝

体重:42㎏

血液型:B型

学歴:学習院大学哲学科美学美術史系卒業

所属:プランニングクレア所属

特技:英語全般・英語手話、タップダンス

事実婚と言っている以上、婚姻届けは出していないのかもしれませんね。

でも、お二人の関係は非常に仲良く

周りがうらやむほどのようですよ(笑)

その馴れ初めは?

モーリーさんが、池田 有希子さんの舞台を取材したからだそうです。

その後交際に発展して現在に至るようです。

お子様の情報はありませんでした。

・モーリーロバートソンさんの著書は?

活躍を続けるモーリーさんですね。

ここまで、結構本を出しています。

最初は、『よくひとりぼっちだった』 文藝春秋、1984年です。

その後、『モーリーの「知的サバイバル」セミナー 第1回 知識×直感=しなやかな強さ』(2013年、カドカワ・ミニッツブック、電子書籍)

のシリーズものを出版。

最近では、メディアにその論説発表していますね。

日本人を見る目が、客観的に見ているようで

僕は好きですね!

怖いくらいに、現実を言い当てているようです。

日本人が失った「武士道」の心や

自主独立心など、右翼、左翼関係なく

正道を語ってくれているような気がします。

このような人が、客観的に日本を見て

発信してくれるのは嬉しいですね。

これからも続けてほしいですね!

モーリーさんのツイート!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする