小川雄勢の身長や体重が気になる?高校や大学も?弟も柔道?

こんにちはbarikanです!

今回は柔道のグランドスラム東京大会最終日をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


3日、柔道のグランドスラム東京大会最終日(東京体育館)、

男子100キロ超級は暴走王・小川直也の長男・雄勢が初出場Vの快挙を達成した。

決勝では、リオ五輪100キロ級金メダリストで階級を上げてきた

強豪ルカシュ・クルパレク(27=チェコ)と対戦した。

試合は、14分1秒の死闘の末、指導の差による優勢で勝利した。

    メニュー

・小川雄勢さんのプロフィール

・小川雄勢さんの身長や体重は?

・小川雄勢さんの高校や大学は?

・小川雄勢さんの弟も柔道?

・小川雄勢さんのプロフィール

氏名:小川 雄勢(おがわ ゆうせい)

生年月日:1996年7月20日

年齢:21歳

出身地:神奈川県横浜市

日本の柔道家。

階級:100kg超級

得意技:払腰、支釣込足

有名家族:小川直也(父)

・小川雄勢さんの身長や体重は?

小川雄勢さんは100㎏超級だから当然大型選手です。

身長:190cm。

体重:135kg。

堂々とした体格ですね。

若干21歳で、今回のグランドスラム大会で、

強豪ルカシュ・クルパレクと互角以上の戦いをして

優勝しましたね。

リオ五輪100キロ級金メダリストを優勢勝ちとはいえ

勝利した戦いは立派である。

父親の小川直也氏も大喜びだろう!

しかし、ここが頂点ではないはずだ!

父が取り残した、オリンピックの金メダル!

いよいよそのスタートラインに立った!

日本人はみんな応援している。

2020年の大会で、柔道会場の真ん中に

日の丸が上がるのを待っている。

・小川雄勢さんの高校や大学は?

小川雄勢さんは神奈川県横浜市の出身ですが、

父の道場開設もあり、高校は修徳高等学校へ通っていた。

高校でもその力を発揮して、

高校選手権の団体、個人ともに

優勝に輝いている。

大会最優秀選手にも選ばれた。

今大会を観戦していた全柔連の山下泰裕副会長も

「まだ未完成だけど、お父さんとそっくりなスタイルだなあ」と評した。

2015年4月には明治大学へ進学した。

そこからは、全日本学生柔道体重別選手権大会で優勝し、

親子二代での優勝に、

父に追いつきたかったのでうれしいと言っている。

・小川雄勢さんの弟も柔道してる?

小川雄勢さんには6歳下の弟がいます。

現在は中学生ですね。

同じように柔道をやっているそうです。

2016年には「古川市近県少年柔道大会」で

中学生の部、73㎏級で優勝しています。

兄弟ともに凄いことになっていますね。

これから、父と兄の背中を追いながら

柔道人生を歩んでいくのでしょうか?

頑張って、日の丸を背負ってもらいたいですね!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする