スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

公道カートは全面禁止すべし!走行がこんなに危険で迷惑だ!

今回は外国人観光客らに人気の公道カートについてお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


 

 

マリオカートなどのようにキャラクターの

公道カートが東京や大阪の街を走っている。

外国の観光客に人気だという。

 

 

しかし、無防備なカートはその危険性も

指摘されている。

本当に安全で必要な乗り物だろうか?

ただ単に、観光のアトラクションの一部だとしたら

公道を走らせる必要はあるのだろうか?

外国人の観光客の事故が多発し

増加傾向にある現在を追っかけてみた。

 

 

    メニュー

・公道カートとは?

・公道カートの免許は?

・公道カートの事故の実態は?

・公道カートの規制は?

 

 

 

・公道カートとは?

最近ニュースなどで見るようになった

マリオカートの一団!

このようなキャラくらーに扮して

遊園地にあるレーシングカートのような車に乗って

公道を走っています。

 

 

この車の事を「公道カート」と言うのだそうです。

普通のレーシングカートは、

大抵はサーキットのみで走ることが許されています。

 

 

それに対して、公道カートというのは、

公道を走れるレーシングカーとのことです。

公道カートは、「ミニカー」の扱いになります。

ミニカーとは何でしょう?

 

<道路交通法に基づく施行規則>では、

〇総排気量20ccを超え50cc以下の原動機

または

〇定格出力0.25kWを超え0.6kW以下の原動機

を有する『普通自動車』となっています。

 

どんなに小さくても、普通自動車扱いなのですね!

他にもいろいろある規定を見てみると

<道路運送車両法>によれば、

この大きさの原動機がついている車は、

『原動機付自転車』の扱いになります。

 

道路運送車両法上は、自動車ではありません!

どういうことかというと、

シートベルトを設置する義務や

車検は必要ありません。

よくわかりませんね??

<道路法及び高速自動車国道法>で見ると、

ミニカーは、自動車専用道路と高速道路を走ることができません。

 

なぜなら、この法律における『自動車』は、

「道路運送車両法における自動車」だからです!

前述しましたけど、道路運送車両法では、

ミニカーは原動機付自転車です。

 

これと同じ理由で、

<自動車保管場所の確保等に関する法律>の

『自動車』にあたらないので、車庫証明は不要です。

ただ<道路交通法>によって、路上駐車は駐車違反になります。

このミニカーの規定が、公道カートに当てはまるのです。

 

 

・公道カートの免許は?

免許については、<道路交通法>で規定されています。

前項で述べた通り、ミニカーは普通自動車です。

なので、普通自動車以上の運転免許が必要になります。

 

原付免許では、公道カートに乗ることはできません。

ただ、原付自転車ではないので、

二段階右折やヘルメットの着用する義務はありません。

走行での、法定速度は60km/hです!

結構なスピードを出せます。

60㎞はちょっと危険なスピードですよね。

出典:https://zatrendnews.com/4822.html

 

・公道カートの事故の実態は?

東京都内で昨年3月27日から

今年2月26日までに

発生した事故は50件で、

このうち86%を占める

43件に外国人ドライバーが

関わっていたことが分かった。

 

50件の事故の内容は、

物損事故が48件、

人身事故は2件、

カート側の過失の重い事故は

44件に上っている。

殆どが、カートに過失があり

しかも、人を巻き込んだ事故が

発生している実態がわかる。

事故に絡んだ外国人ドライバーは47人で、

の国籍では、米国が15人、韓国が10人

中国・台湾が7人、オーストラリア6人

と続いている。

 

 

しかも年代別では20代と30代で90%に

達しているという。

これだけ事故が多く歩行者だけでなく

ドライバー自身の安全も確保が難しいのが

公道カートである。

・公道カートの規制は?

近年の観光客の人気の高まりと

事故の多発に昨年末に、

国土交通省は車体の安全基準を厳しくすることを決めた。

周りから見やすくするため

地上1メートル辺りに赤の尾灯をつけ、

シートベルトを備えることなどを義務づける方針だ。

「公道カート」シートベルトなど安全対策を義務化へ(17/12/05)

しかし、これだけでは危険の回避にはならない。

そもそも、公道カートは車高が低く見にくいのだ!

一般的な乗用車のタイヤは、

外形が600~800㎜に対し

カートの車高は700㎜前後である!

 

かなり低い所を走っていて

車内からは見ずらいのが本当である。

見落とす危険すらある。

普通車の後ろに近づいたら

バックミラーでも見えなくなる。

こんな危険で迷惑な話はない!

多少の赤橙を付けて存在の位置を

見やすくしたところでそれほどの

改善にはならない。

したがって、大きな事故を引き込む

要素が大きすぎる。

だから、大事故が起きる前に

公道カートの全面禁止をしてほしい!

外国人観光客が引き起こす

事故の後処理も問題になっている!

なおさら、リスク低減に

公道カートの全面禁止は必要だ!

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事