小説「ゴンちゃん、またね。」発表!週刊文春掲載で評価を問う!

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回はビートたけしが小説「ゴンちゃん、またね。」を

発表したことをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」から

独立を表明したビートたけしさんです。

その後は、4年前に「愛人」と報じられたこともある

ビジネスパートナーの女性と設立した会社「T.Nゴン」で

仕事をすると発表していますね。

今までの愛人へのけじめでしょうか?

でも、離婚するとは発表していません。

だからその相手の行く末を思っての

行動のように思えますね。

そんな たけしさんを

少し追っかけてみました。

ビートたけし、大杉漣について語る

・ビートたけしさんのよく知っているプロフィール

名前:ビートたけし

本名:北野 武(きたの たけし)

ニックネーム:たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ

別名義:北野武、マス北野

生年月日:1947年1月18日(71歳)

出身地:東京都足立区島根

血液型:O型

身長:168cm

言語 日本語

最終学歴:明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(のちに特別卒業認定)

師匠:深見千三郎、コロムビア・ライト、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、立川談春

出身:浅草フランス座

コンビ名:ツービート

グループ名:亀有ブラザーズ→北千住ブラザーズ

相方:ビートきよし

芸風:漫才(ツッコミ→ボケ)

立ち位置:左

事務所:ライト企画→フリー→吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野→フリー

活動時期:1972年 –

同期:笑福亭鶴瓶

現在の代表番組 レギュラー番組

ビートたけしのTVタックル(日)

ビートたけしのスポーツ大将(日)

世界まる見え!テレビ特捜部(月)

名医とつながる!たけしの家庭の医学(火)

奇跡体験!アンビリバボー(木)

たけしのニッポンのミカタ!(金)

情報7days ニュースキャスター(土)

スペシャル番組

平成教育委員会

ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル

THE MANZAI

過去の代表番組 元気が出るテレビ!!

スーパージョッキー

ひょうきん族

スポーツ大将

風雲!たけし城

北野ファンクラブ 他多数

作品:映画「その男、凶暴につき」

映画「HANA-BI」

映画「座頭市」

著書「たけしくん、ハイ!」

著書「浅草キッド」

他の活動:映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家、編集家

配偶者:北野幹子

親族:北野大(実兄)

北野井子:(実娘) 北野篤(実息)

松田秀士(義弟)

弟子:たけし軍団

<ウィキペディア>
※もう何も言う事ないでしょう(笑)

コマネチ!!

スポンサーリンク


ビートたけし やっぱり面白い!

https://youtu.be/dl8GqDS3FKA

・小説「ゴンちゃん、またね。」発表!

この小説を書くきっかけとなったのは

「ガキの頃、初めて飼った野良犬のチビの思い出があったから」だという。

「お袋から棄ててこいと言われて、棄てるんだけど必ずウチへ帰ってくる。

最後に町外れまで連れてくと、俺が迷子になっちゃった(笑)。

チビが家まで無事に案内してくれたんで、お袋も『なんて頭のいい犬だ』なんてね。

結局、飼い方も知らなかったんで満足に世話できなかった。

犬の思い出と現代人の孤独が繋がった時に作品が生まれたと思う。

こんな時代だし、大人のメルヘンとして読んで貰えたらありがたいな」

こんな思いでを語っている。

相変わらす芸時には貪欲なたけしさんである。

70歳を超えて、3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」からの

独立を表明したビートたけしさんは今後の活動を

奥様の次に愛した人への恩返しで

生きていく覚悟を決めたのだろうか?

いずれにしろ、70歳を超えて人生の終末の

美学に走るたけしさんを見てみたいと思うのは

私だけだろうか?

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする