スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回は映画出演2作目にして『寝ても覚めても』の

ヒロイン役を掴み取った唐田えりかさんをお伝えします。

 

何んと強運の女優だろうか?

2014年春に事務所のマネージャーのスカウトで芸能界入りをした子が

16年にドラマ『こえ恋』(テレビ東京系)で本格的に女優デビューをする。

 

しかし、もともとモデル志望で演技に対して自信が持てなかった唐田は、

出演作を重ねていくなかで苦手意識が芽生え、芸能活動を続けることを悩んでいた。

 

そんななか、そのときは知る由もない“運命の出会い”となる今作のオーディションを迎えた。

独特な演出で知られる濱口竜介監督との出会いである。

 

そして、映画出演2作目にして『寝ても覚めても』のヒロインを

演じることになる。

 

メニュー

  • 唐田えりかさんのプロフィール
  • 唐田えりかさんの彼氏は韓国人?
  • 唐田えりかさんの高校は?
  • 唐田えりかさんは演技が上手くなった?

 

 

「新しい才能出現」との声も…「寝ても覚めても」

https://youtu.be/rJp-eRelLYg

 

 

スポンサーリンク

唐田えりかさんのプロフィール

名前:唐田 えりか(からた えりか)

生年月日:1997年9月19日(20歳)

出生地:千葉県

身長:167 cm

スリーサイズ:B79cm、W58cm、H78cm

血液型:A型

職業:女優・ファッションモデル

ジャンル:テレビドラマ・CM

活動期間:2014年 -

事務所:フラーム

BHエンターテインメント(韓国)

 

幼い頃からファッション雑誌を読み、密かにモデルへの憧れを抱いてた、

えりかさんは、高校の2年の時のアルバイトしていたマザー牧場で

たまたま家族サービスで牧場に来ていた今の事務所のマネージャーによって

スカウトされた。

 

三姉妹の末っ子で、趣味は音楽鑑賞。

ロック系のバンドが好きで、ONE OK ROCK、ASIAN KUNG-FU GENERATION、

サカナクションなどをよく聴く子である。

<ウィキペディア>

 

 

スポンサーリンク

唐田えりかさんの彼氏は韓国人?

唐田えりかさんは韓国人ではないかとの噂が広がっています。

でも調べてみると、韓国人ではありません!

間違いなく、日本人です!

 

ではどうして、韓国人と言われるのでしょうか?

それは、一つは本人が韓国大好きだから!

韓国旅行が大好きで、韓国のアイドルが好きで、韓国料理が好き!

そして、少女時代のPVにも出演していました。

 

それで、韓国人疑惑が出たようです!

唐田えりかさんは、完全に日本人の両親から日本で生まれています。

だから、韓国人は全くのデマですね!

 

しかし、韓国好きが功を奏してか、

2017年には韓国の芸能事務所BHエンターテインメントと専属契約を結び、

今では、清純美貌として人気です。

 

ちなみに、彼氏が韓国人との噂も

確認が取れませんでした。

 

 

 

 

唐田えりかさんの高校は?

唐田さんの芸能界入りは、高校生のバイト先でスカウトされたことです

では、どこの高校だったのでしょう?

 

調べてみました!

千葉県立木更津東高校出だそうです。

実はこの学校、女子高だそうですよ!

創立は明治43年と歴史ある学校のようですね。

 

唐田さんは大学進学はしないで、芸能活動に専念するほうを

選んだようです。

 

 

 

唐田えりかさんは演技が上手くなった?

唐田えりかさんは『寝ても覚めても』に出会うまでは

演技に対して、自身がもてず出演作を重ねていくなかで苦手意識が芽生え、

芸能活動を続けることを悩んでいたようです。

 

しかし、この作品との出会いのオーデションで変わっていったそうです。

どんな役どころかもわからないままでオーデションを受け

台本をもらってから作品を知ったそうです。

 

そして、絶対に出たい作品と思ったそうです。

受かったときは、運命を感じたそうですね。

そして撮影に入っていく間に初めて楽にいられた現場。

それまでの苦手意識を吹っ切ることができましたというまでに

なっていました。

 

この作品は、唐田えりかさんの役者としての殻を

すべて打ち砕く作品となったようです。

 

そして、本人の演技も評価が変わってきたようです。

人間の成長点出会ったのですね!

これからが楽しみです。

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事