スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

もうじき節分ですね準備は進んでいますか?

今年の恵方とちょっとした情報をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

もうじき節分ですね。

あなたは豆まき派、恵方巻派?

どんな準備をするか見てみましょう。

まずは近くにお祝いする神社がありますか?

恵比須様系の神社や「商売繁盛」を掲げる神社があれば、

お参りの予定を入れるのも悪くないですね。

 

目次

  • 東京近郊の節分祝い場所
  • 今年の恵方はどっち?
  • 最近の豆まき派は減少中?
  • 福の多い博多の神社の節分!
  • 恒例の豆まきゲストを予想?

 

 

東京近郊の節分祝い場所

[大田区] 池上本門寺 節分追儺式

[港区]  増上寺 節分追儺式

 

[足立区] 西新井大師 節分会

 

[文京区] 護国寺 節分会追儺式

[神奈川] 川崎大師節分会豆まき式

[千葉]  法華経寺 節分会

神田明神 節分祭豆まき式

富岡八幡宮 節分祭豆まき式

柴又帝釈天(題経寺) 節分会

まだまだありますが

結構混みますので、

交通手段など前もって確認しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

今年の恵方はどっち?

最近は豆まきよりは恵方巻を食べる家庭が

増えているようです。

どちらかと言うと、関西の方が恵方巻で

関東が豆まきだったようですが、

少し好みが変わってきているようです。

ちなみに我が家はどちらも行います(笑)

 

今年(2019年)の恵方は

甲(きのえ)=東北東 です!

恵方巻きは、こっちを向いてモグモグですね!

 

なぜ、節分に巻ずしを食べるのようになったのでしょうか?

これは「巻く」ということから「福を巻き込む」、

「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」という

意味が込められているという説が有力です。

 

また、巻ずしの形が黒くて太いことから、

鬼の金棒にみたて豆をまくのと同じように、

鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。

なかなか太巻きを黙って食べるのは、

結構大変ですが?

我が家では、小さいサイズを頼んでいます。

恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、

巻ずしを丸かぶりしましょう!

今年も家族みんなで丸かぶりして、

おおいに福を呼び込みましょう。

恵方巻は、自分で作られる方はいいのですが、

私は予約をして買っています。

近くのコンビニやスーパーですでに予約を

受け付けていますよね。

お好きなところで予約をしてはいかがでしょうか!

 

 

最近の豆まき派は減少中?

かつてはこっちのほうが主流でした!

現在でも関東以北はこっちが本命でしょう。

節分は年に4回ある季節の変わり目に

邪気が(鬼)生じる。

その鬼を払うための儀式です。

 

ではなぜ2月3日なのか?

それは「立春」が一年で一番大切な日と

されていたからです!

実は豆まきはその時に邪気を払う

鬼退治の行事ですから、こっちが主流ですよね!

 

でも、豆をまいた後の処理や、

豆そのものが美味しくないなどの理由で

お子さんから離れてきたようです。

 

でも、小さなお子さんのいるお宅は、

ぜひお子さんと豆まきをしてほしいものです。

こちらの準備は、お豆とお菓子ですかね。

これも、スーパー、コンビニでそろいますね。

後は、コスチューム??

これはそれぞれで工夫をして楽しんでください。

100円ショップなんかにもグッズが置いてありますよ。

楽しい豆まきで鬼を払って福を呼び込んでくださいね

 

 

福の多い博多の神社の節分!

福岡市博多にある、櫛田神社(くしだじんじゃ)は、

創建は680年代といわれ、いにしえより

総鎮守として、庶民に親しまれてる神社でもあります。

 

巨大なお多福面がお出迎え?

櫛田神社に着いてまずびっくりするのが

巨大なお多福面がドーンと正面にあり

その大きな口の中を通ると「商売繁盛」

「家内安全」の御利益があります。

恒例の豆まきゲストを予想?

2019年は、私が調べたところによれば

まだ確定は、しておりませんが、

以下の方々が、豆まき神事に

参加されるのでは?

 

3月花形歌舞伎に出演される

片岡愛之助さん

尾上松也さん

中村壱太郎さん

 

まだ、私の予想ですので、

悪しからず!

 

それから今年も「くまモン」は

来てくれるのでしょうか?

「くまモン」が来れば、盛り上がるのに

今年は、どうでしょう?

 

その他に年男、年女、地力士の方々も

豆まきをされます。

その豆を拾えるとその年の縁起がいいと

評判なのであなたにもぜひ競って「福」を

勝ち取りましょうね!

こんなところでも参考に↓


 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事