スポンサーリンク




こんにちはbarikanです!

今回は飛行を続けた探査機「はやぶさ2」の

小惑星「リュウグウ」への着地と

無事の帰還の思いをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

目次

  • いよいよ着地
  • 「はやぶさ2」とは?
  • リュウグウはどこ?

 

いよいよ着地

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日午前、探査機「はやぶさ2」を小惑星「リュウグウ」に着地させる最終決定をしたことを明らかにした。機体は正常に降下を続けており、着地は午前8時6分の予定。相模原市内にあるJAXAの拠点には早朝から報道陣が詰めかけ、張り詰めた雰囲気に包まれた。

はやぶさ2チームは機体の状態や地上のアンテナなど全てのシステムが正常であることを確認し、午前6時14分、着地の実施を最終決定した。続いて探査機に指示を送信。その後はあらかじめ設定されたプログラムにより自動降下し、着地や上昇の動作を行う。

会見した吉川真准教授は着地や物質採取のための弾丸発射に失敗した初代の探査機「はやぶさ」の経験に触れ、「ついにここまで来た。今度こそは計画通りに動いてほしい」と念じるように話した。久保田孝教授は「チームは自信に満ちており、安心して着地を迎える」と話した。

チームは午前5時から打ち合わせを実施。責任者の津田雄一プロジェクトマネージャが「平常心で、いつも通りやりましょう」と呼びかけたという。

計画では高度約45メートルで位置確認のために投下してあった目印をカメラで検知。同8・5メートルで着地点の上空へ移動し、赤道付近の半径3メートルの平地に着地する。機体底部の物質採取装置を数秒間、接地させ、装置から地表に弾丸を発射する。舞い上がった砂を取り込み、機体が上昇して作業を終える。

着地の様子は動画サイト「ユーチューブ」のJAXAのチャンネルで生中継。産経ニュースも速報する。午前11時から関係者が会見し、着地の結果を説明する予定だ。

 


 

小惑星「リュウグウ」までの距離は約3億キロと言われるが、

探査機「はやぶさ2」の総飛行距離は52億キロにもなるという。

その役割のクライマックスを迎える!

スポンサーリンク

「はやぶさ2」とは?

小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)は、数々の新しい技術に挑戦し2010年6月に

地球への帰還を果たした小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)の後継機です。

「はやぶさ」では、イオンエンジンによる新しい航行方法を確立しながら、

太陽系の起源の解明に繋がる手がかりを得ることを目的に、

小惑星イトカワのサンプルを持ち帰りました。

今回「はやぶさ2」では「はやぶさ」で培った経験を活かしながら、

太陽系の起源・進化と生命の原材料物質を解明するため、

C型小惑星「Ryugu」(リュウグウ)を目指します。

小惑星探査機「はやぶさ2」
(Hayabusa2)

所属 JAXA
主製造業者 NEC
公式ページ 小惑星探査機「はやぶさ2」
国際標識番号 2014-076A
カタログ番号 40319
状態 運用中
目的 C型小惑星からのサンプルリターン
観測対象 リュウグウ
設計寿命 7年
打上げ機 H-IIAロケット26号機
打上げ日時 2014年12月3日13時22分04秒[1] ランデブー日 2018年6月27日
物理的特長
本体寸法 1.0m × 1.6m × 1.25m
質量 600kg
主な推進器 μ10
姿勢制御方式 三軸制御方式

<ウィキペディア>

 

リュウグウの正体は??

では目的地のリュウグウはどこにあるのでしょうか?

またその正体は?

もう天文ファンなら当然知っているはずですよね。

でも、このようなニュースが飛び込んだ時にしか見ない人への

ちょっとした情報を披露します。

リュウグウ(竜宮)の天文学的データです。

 

リュウグウの軌道
仮符号・別名 1999 JU3
分類 地球近傍小惑星、
潜在的に危険な小惑星 (PHA)

軌道の種類 アポロ群
発見
発見日 1999年5月10日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 1.189 au
近日点距離 (q) 0.963 au
遠日点距離 (Q) 1.415 au
離心率 (e) 0.190
公転周期 (P) 1.30 年
軌道傾斜角 (i) 5.88 度
近日点引数 (ω) 211.32 度
昇交点黄経 (Ω) 251.70 度
平均近点角 (M) 147.27 度
物理的性質
直径 0.7 km
質量 4.5×1011 kg[4] 表面重力 0.11 – 0.15 mm/s2[4] スペクトル分類 Cg
絶対等級 (H) 19.211

<ウィキペディア>

「はやぶさ2」の目的は、始原的な天体であるリュウグウを調べて

地球の起源を調べることです。

太陽系の起源や進化を知るためには、代表的なタイプである

S型、C型、D型の小惑星を調査する必要があります。

「はやぶさ2」が目指すC型小惑星はS型小惑星のイトカワと比べるとより始原的な天体で、

同じ岩石質の小惑星でありながら有機物や含水鉱物をより多く含んでいると考えられています。

地球をつくる鉱物、海の水、生命の原材料物質は、太陽系初期には原始太陽系星雲の中で密接な関係を

持っていたと考えられており、始原的な天体であるC型小惑星から採取したサンプルを分析し、

太陽系空間にあった有機物や水がどのようなものであったのか、またどのように相互作用し

共存してきたかを探ることで、生命の起源にも迫ることができると期待されています。

今回の着陸が成功して、そのリュウグウの物質を無事持って帰ることを祈りましょう!



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事