真性包茎の改善効果あり「キトー君」!自分でできる絶対試そう!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


早く大人の体になりたい人は↓

日本人の成人男性の80%は包茎です!

しかもほとんどが仮性包茎です。真性包茎は1~2%と言われています。

成人になった男性が、包茎で悩むのは早すぎます。

 

本当に手術を必要とするのは、1~2%だそうです。

20~30代でも、真性包茎の人は改善できます。

剥くことができるのです。

 

あまり気を落とさないで、挑戦してみましょう!

ましてや成長期の中高生は殆どが、剥けます!

成長の為、皮膚も伸びやすいのです。

だから、現状が真性包茎でも気にすることはありません。

 

目次

  • まずは自力で訓練して剥いてみる。
  • 時短でキトー君があなたの亀頭を露出する!
  • おすすめキトー君の使い方

 

 

まずは自力で訓練して剥いてみる。

成人男性でも、まずは自力で、亀頭を露出に挑戦してみましょう。

中高生は、迷わず実行ですよ(笑)

 

まず、お風呂に入った時、チンポを温めてから

湯船の中で亀頭の先をもみほぐしてください。

とにかく、最初はふやけるほど柔らかくしてください。

そのほうが楽ですよ。

 

その後、先の皮を引っ張ったり、横に広げたりして、

オナニーの要領で少しずつ、表皮を動かしましょう。

立ってきても構いませんよ(笑)

 

どんどん、柔らかくしていきます。

毎日少しずつ亀頭を出すようにやってみましょう。

少し広がったところで、しばらく我慢しています。

それを、数回繰り返し一日を終えましょう。

 

上記を繰り返しているうちに、少しずつ亀頭が見え始めます。

そんな時、皮と亀頭の間にお湯を入れて洗うようにすると

よりむけやすくなります。

 

湯船の外では、石鹸水を使うのもありです。

うまく行けば結構早く包茎が解消されますよ!

 

ただし、勢いでずるむけした時は注意しましょう。

嬉しがってそのまましておくと、亀頭が血行不良で

紫になる場合ばあります(笑)

 

最初に剥けても、元に戻して、また繰り返していると、

楽に剥けるようになります。

そうなれば包茎からの卒業です。

 

でもどうしてもうまく行かない人の為には、

「キトー君」があります!

まずはここから↓

 

 

スポンサーリンク

時短でキトー君があなたの亀頭を露出する!

上記のように自分で時間をかけて剥くことが可能なはずですが、

もっと良いものが発売されています。

ツルマキの【キトー君】と言う、包茎解消グッズです。

 

メーカーの説明では、ほぼ2週間で剥くことができるそうです。

個人差はあるのでしょうが、楽なようですね!

やはりここでも、お風呂での使用を進めています。

 

お風呂で皮膚を柔らかくして、広げて伸ばす!

これが肝心で、これが核心です!

毎日繰り返しているうちに、少しづつ亀頭が出てきます。

ここから挑戦↓
中高男子必見!【青春のキトー君】

 

おすすめキトー君の使い方

キトー君には2種類あります。

キトー君DXとキトー君STです。

違いは、開閉するときにストッパーがあるかないかです。

 

キトー君DXはありで、キトー君STはなしです。

私は、ストッパーありのキトー君DXをおすすめします。

 

なぜなら、毎日亀頭の先の皮の間に、キトー君を入れて広げるのですが、

ストッパーがないと自分で持っていなければなりません。

これって結構しんどいですよ!

 

だから、絶対にストッパーありの、「キトー君DX」をおすすめします。

それから、使う時は必ず湯船の中ですることです。

自分で剥くところでも書きましたが、チンコを柔らかくして

ふやけさせたほうが、広がりやすいのはわかるでしょう。

 

説明書では、1日2回、30分を目安にと書いてありますが

なかなか、1日2回風呂に入るのは困難です。

ですから、1日1回で時間を長くしている人が多いようです。

使った人も、1日1回で50分くらいやったそうです。

 

とにかくやり始めたら、続けることです。

人間の体は、特に表皮は結構伸びるのだそうです。

自分のおなかの表面をつまんで、引っ張ってみればわかりますね(笑)

 

ですから、初めから重いっきり広げないで、少しずつ、2~3mmくらい

広げていけば、2週間で24mm~36mmくらいに広がります。

大体40mm広がれば亀頭が出てくるそうです。

 

そうすると、20日くらいで皮がむけることになります。

急がず、慌てずゆっくりと広げていってください。

あとの細かなところは、説明書を読んでください。

あなたも、すぐに剥けますよ!

ここから大人の階段を↓

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事