包茎を治すキトー君は効果抜群!アフターサービスもバッチリ!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


早く剥きたい中高生は↓

中高男子必見!【青春のキトー君】

 

真性包茎で悩んでいる皆様、

中高生の若き男性諸君!

あまり気にすることはありません。

 

真性包茎は殆どのひとが、ずるむけします。

日本人の成人男性の80%は包茎です!

しかもほとんどが仮性包茎です。

真性包茎は1~2%と言われています。

成人になった男性が、包茎で悩むのは早すぎます。

 

本当に手術を必要とするのは、1~2%だそうです。

20~30代でも、真性包茎の人は改善できます。

剥くことができるのです。

 

あまり気を落とさないで、挑戦してみましょう!

ましてや成長期の中高生は殆どが、剥けます!

成長の為、皮膚も伸びやすいのです。

だから、現状が真性包茎でも気にすることはありません。

 

目次

  • キトー君とはどんな物?
  • キトー君は効果抜群
  • アフターサービスもばっちり!
  • おすすめキトー君の使い方

 

キトー君とはどんな物?

キトー君とは、自分でムクことができない真性包茎用の包茎対策器具です。

亀頭を覆う包皮の出口が狭く、自力で亀頭を露出する事ができないという方が、

病院に行くことなく、誰にも知られることもなく包茎を改善できると言うものになります。

 

人の皮膚はかなり柔軟で、結構伸びます。

だから、亀頭の先の包皮が狭くて自力で剥けない所を

徐々に広げて行こうと言うのが、このキトー君です。

 

 

スポンサーリンク

キトー君は効果抜群!

ツルマキの【キトー君】ですが、効果は抜群です。

メーカーの説明では、ほぼ2週間で剥くことができるそうです。

個人差はあるのでしょうが、楽なようですね!

ここでは、お風呂での使用を進めています。

 

お風呂で皮膚を柔らかくして、広げて伸ばす!

これが肝心で、これが核心です!

毎日繰り返しているうちに、少しづつ亀頭が出てきます。

本当に亀頭が露出します。

使用した人の口コミも、ほとんどが成功の物です。

メーカーでは99%の人が成功したと報告しています。

まずはここから↓

 

アフターサービスもばっちり!

キトー君の発売元のツルマキでは、

万全のアフターサービスを行うとしています。

以下がその趣旨です。

当店を利用すると、手術をタダで受けることができます。
「返金制度」と「手術代金保証制度」があるからです。

■流れ
1.キトー君を買う
2.「返金制度」で、お金を返してもらう
3.「手術代金保証制度」を使って手術を受ける

なぜ、このようなサービスができるかというと、キトー君の成功率が非常に高いからです。

始めは「タダで手術を受ける」ことを目的にキトー君を買っても、ほとんどの方が、

キトー君で目的が達成されてしまうのです。

手術をお考えの方は、絶対に利用するべきサービスです。

出典:https://kito-kun.com/

まずはここから↓

おすすめキトー君の使い方

キトー君には2種類あります。

キトー君DXとキトー君STです。

違いは、開閉するときにストッパーがあるかないかです。

キトー君DXはありで、とキトー君ST話です。

 

私は、ストッパーありのキトー君DXをおすすめします。

 

なぜなら、毎日亀頭の先の皮の間に、キトー君を入れて広げるのですが、

ストッパーがないと自分で持っていなければなりません。

これって結構しんどいですよ!

 

だから、絶対にストッパーありの、「キトー君DX」をおすすめします。

それから、使う時は必ず湯船の中ですることです。

自分で剥くところでも書きましたが、チンコを柔らかくして

ふやけさせたほうが、広がりやすいのはわかるでしょう。

 

説明書では、1日2回、30分を目安にと書いてありますが

なかなか、1日2回風呂に入るのは困難です。

ですから、1日1回で時間を長くしている人が多いようです。

使った人も、1日1回で50分くらいやったそうです。

 

とにかくやり始めたら、続けることです。

人間の体は、特に表皮は結構伸びるのだそうです。

自分のおなかの表面をつまんで、引っ張ってみればわかりますね(笑)

ですから、初めから重いっきり広げないで、少しずつ、2~3mmくらい

広げていけば、2週間で24mm~36mmくらいに広がります。

大体40mm広がれば亀頭が出てくるそうです。

 

そうすると、20日くらいで皮がむけることになります。

急がず、慌てずゆっくりと広げていってください。

あとの細かなところは、説明書を読んでください。

あなたも、すぐに剥けますよ!

ここからお試しあれ↓

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事