スポンサーリンク

スポンサーリンク


 日テレ番組はここから↓

こんにちはbarikanです!

今回は日本テレビ『ZIP!』の卒業が発表された速水もこみちさんをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

目次

  • 速水もこみちのプロフィール
  • 『ZIP!』名物コーナー『MOCO’Sキッチン』は
  • 今後はどうなる

 

 

スポンサーリンク

速水もこみちのプロフィール

名前:速水 もこみち(はやみ もこみち)

生年月日:1984年8月10日(34歳)

出生地:東京都

身長:186 cm

血液型:B型

職業:俳優

ジャンル:テレビドラマ・映画・CM

活動期間:2002年 -

事務所:研音

公式サイト:速水もこみち オフィシャルサイト

主な作品:テレビドラマ

『ごくせん』

『レガッタ〜君といた永遠〜』

『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』

『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』

『オー!マイ・ガール!!』

『37.5℃の涙』

『5→9〜私に恋したお坊さん〜』

『はじめまして、愛しています。』

『東京タラレバ娘』

<ウィキペディア>

 

 

2002年、テレビドラマ『逮捕しちゃうぞ』(テレビ朝日)で俳優デビューしたもこみち君。

そのイケメンぶりが評判となりました。

2005年、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ)で大ブレイク!

役者としての評価も高まりましたね。

2011年4月から『ZIP!』で料理コーナー「MOCO'Sキッチン」が開始される。

オリーブオイルを大いに好み、著書でエクストラヴァージンオリーブオイルの銘柄を紹介したり、

番組出演時にはオリーブオイルを使う料理を多数披露するのが注目されました。

2013年、レシピ本『MOCO'Sキッチン』がフランスのグルマン世界料理本大賞の日本料理部門でグランプリを受けました。

俳優だけでなく、料理家としての地位も確保しましたね。

 

 

スポンサーリンク

『ZIP!』名物コーナー『MOCO’Sキッチン』は

3月1日の『ZIP!』(日本テレビ系)で、俳優の速水もこみちが同番組を卒業すると発表されました。

「卒業」は速水が出演する同番組の名物コーナー『MOCO’Sキッチン』の終了です。

その後から、もこみちロス起きるとの話題でファンからの心配が上がりました。

 

もこみちの卒業で、番組開始から8年間続いた料理コーナー「MOCO’Sキッチン」も終了する事になる。

もこみちと言えば、「オリーブオイル」と言われるほど、オリーブオイルを一瓶使い切ってしまうレシピや

「追いオリーブオイル」などの妙技で人気を博したもこみちが番組を去ることで、

とくに女性視聴者から「つらい」「もう何も信じられない」などと嘆き節が相次いでいます。

夕飯のおかずや、ハレの日のとっておきのレシピとしてファンの人の中に

入り込んでいて、本当に愛されていた人なのですね。

 

 

スポンサーリンク

今後はどうなる


卒業が発表されてから、もこみちロスが上がり始めました。

 

「MOCO’Sキッチン」終了を惜しむファンの多い速水もこみちは、

出演ドラマや映画よりも“オリーブオイル”のイメージが大きいですね、

そのオリーブオイルで唯一無二の成功を収めているようです。

 

昨年12月の「デイリー新潮」の記事によれば、もこみちの名前を冠した

キッチングッズのブランド「MOKOMICHI HAYAMI」の売れ行きが絶好調だという。

「MOKOMICHI HAYAMI」のオンラインショップを覗いてみると、

世界的に有名なキッチンブランドのフライパンやまな板、

ホーロー製の鍋などの商品がズラリと並んでいる。

 

商品には「MOKOMICHI HAYAMI」のロゴが刻み込まれており、

そのどれもが、まるでもこもちの姿形を彷彿とさせるほどスタイリッシュ。

もこみちや「MOCO’Sキッチン」ファンにとっては必須アイテムになっています。

 

そのほかにも、もこみちは「MOCO’Sキッチン」のレシピ集を13冊、

ほかの料理本を含めれば計20冊ものレシピ本を刊行していますね。

さらに2017年4月からは通信教育サービスで「速水もこみちのクッキングマイスター講座」を開講。

 

これはもこみち本人が出演するオリジナルDVDとテキストで

「もこみち流」の料理テクニックを学べるというもので、

人気講座になっているようです。

 

もはや一流料理家のようであり、料理を生業にしているといっても

過言ではないもこみちです。

 

2013年にはオリーブオイルの監修もつとめた。

こうした活動のルーツとなった「MOCO’Sキッチン」の終了はたしかに寂しいが、

もこみちの料理愛はこれからも健在であるだろう。

これからの活躍が楽しみにしたいですね。









最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事