モンキー・パンチ『ルパン三世』原作者逝く!アクションマンガの傑作
スポンサーリンク

スポンサーリンク


  アニメならこちら↓ 

こんにちはbarikanです!

訃報が入ってきました。

あのアクションマンガの傑作 『ルパン三世』の

原作者 モンキー・パンチさんが亡くなりました。

死因は誤嚥(ごえん)性肺炎だったそうです。

御冥福をお祈り申し上げます。


目次

  • アクションマンガの金字塔 『ルパン三世』
  • モンキー・パンチさんのプロフィール
  • 大人のアニメの傑作

 

アクションマンガの金字塔 『ルパン三世』

もう知らない人はいないはずです。

マンガ雑誌はもとより、劇場映画、テレビアニメで

何度となく放送され公開されてきました。

そして数々のヒット作を生み出してきました。

 

「ルパン三世」は67年、漫画アクション(双葉社)創刊号で連載を開始した。

きっかけは、編集者に何を書きたいのか?と問われた時に

とっさに答えた、アルセーヌ・ルパンを書きたいと言ったことだそうです。

 

主人公はアルセーヌ・ルパンの孫であり、大泥棒のルパン三世。

従来なら“悪役”だが、アクションありコメディーありの、

奥行きある世界観が読者の心をつかんだ。

 

71年にアニメ化されると、幅広い年齢層の人気を獲得した。

連載開始から半世紀が過ぎた今も、新作アニメや映画が製作される

国民的人気作となった。

アクションマンガの金字塔を打ち立てた!

スポンサーリンク

モンキー・パンチさんのプロフィール

ペンネーム:モンキー・パンチ

本名:加藤 一彦(かとう かずひこ)

生誕:1937年5月26日

出身:北海道厚岸郡浜中町

死没:2019年4月11日(81歳没)

職業:漫画家、デジタルクリエイター、教授

称号:修士(東京工科大学大学院)

活動期間:1965年 - 2019年

ジャンル:青年漫画

代表作:『ルパン三世』

『一宿一飯』 など

受賞:1980年代以降:INKPOT賞

ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞

AMD Award功労賞

<ウィキペディア>

 

出身地の北海道を高校卒業後、漫画家を目指して上京

手塚治虫さんの漫画を見たのがきっかけだった。

しかしなかなか売れず、貸本専門の出版社で漫画家のアルバイトをしていた。

 

30歳のころ、アメコミ風の作風が「漫画ストーリー」(双葉社)の

清水文人編集長の目に留まり、1965年に、「ムタ永二」のペンネームにて

『プレイボーイ入門』(「漫画ストーリー」)で本格的なデビューを果たす。

 

1966年、清水編集長の命令でペンネームを「モンキー・パンチ」に改名する。

清水が新人に適当に付けた名前なので本人は気に入っておらず、

1年ほどで変えるつもりだったが、この名義で翌年に発表した作品が

大ヒットしてしまったので変えられなくなった。

 

『漫画アクション』8月10日創刊号より「ルブラン原作」表記で

『ルパン三世』の連載(2年間)を始める。

これが現在も継続してアニメ化されるほどの大ヒットとなり、

出世作にして代表作となった。

 

大人のアニメの傑作

日本アニメは子供向けとの評価を受けていた90年代以前

海外で評価を受ける大人のアニメとしての作品はなかった。

そこへ登場したのが、『ルパン三世』で会った。

 

これが発表されると、海外で高く評価された作品だった。

大人の雰囲気をまとった「ルパン」は、フランスやイタリアを

中心に多くのファンを得て“クールジャパン”の先駆けとなった

作家の一人だった。









最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事