スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

とんでもなくおめでたいニュースが飛び込んできました!

「南海キャンディーズ」の山里亮太さんと

人気女優の蒼井優さんが結婚したことをお伝えします。

 

しかも、今夜二人そろって会見を開くそうですよ!

山ちゃんは、天の声で”すっぱ抜かれたー”と言っていました!

そして、明日「スッキリに生出演」だそうです!

それでは見ていきましょう。

 

 

目次

  • 美女と野獣が電撃結婚!歳の差は?
  • キューピットは相方しずちゃん
  • 山里亮太さんと蒼井優さんのプロフィール

 

 

いつでも好きなだけ⇓


美女と野獣が電撃結婚!歳の差は?

4日、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんと、

人気女優の蒼井優さんが結婚したとの情報が駆け巡った。

 

それによると、二人の交際期間はわずか2カ月だそうです。

3日に都内の区役所に二人の代理人が婚姻届を提出したそうです。

ブサイクキャラの山ちゃんと芸能界一モテると呼び声高い美女の電撃ゴールインです!

 

この二人の電撃結婚は、これまで一切の熱愛報道もなかった。

意外な令和婚は大きな衝撃となって伝わっている。

山里亮太さんは42歳。蒼井優さんは33歳。

その年の差は9歳です。まあいい所ですね(コノー(笑))

売れている芸人への嫉妬をエネルギーに変え、仕事一筋で“非モテ”自慢をしていた

山里さんに信じられないご褒美が待っていた。

妻となった蒼井さんは、共演者が骨抜きになるといわれるモテモテの女優です。

周囲によると、婚姻届は大安の3日に代理人が提出しており。

挙式披露宴は未定という。

 

スポンサーリンク

キューピットは相方しずちゃん

二人の結婚の謎の鍵を握るのが山里の相方しずちゃんの存在だ!

福島県を舞台にフラダンスショーの成功を描いた2006年公開の映画「フラガール」で

蒼井と共演して以来、飲み会や旅行などで一緒に出掛ける間柄だ。

以前から恋愛相談にも乗り「蒼井さんが何でも話せる数少ない友人の一人」(知人)という。

2人を引き合わせたのはしずちゃんで、山里も食事会に参加するようになっていたようです。

「蒼井さんは相手が仕事をしている時以外は一緒に過ごしたいタイプです。

精神的にドMといわれる山ちゃんならうまくいくと思います」(映画関係者)。

 

芸人仲間と飲みに行くことも少なく、焼きもちやきといわれる蒼井にとっても

夜遊びが少ないのは大歓迎のようです。

山里は現在ラジオとテレビ合わせて16本のレギュラーを持つ超売れっ子芸人、

プライベートの時間も少ないことから、交際即結婚に踏み切ったようですね。

 

山里亮太さんと蒼井優さんのプロフィール

◎山里 亮太

名前:山里 亮太(やまさと・りょうた)

本名:山里 亮太

ニックネーム:山ちゃん、南海ちゃん、ボス

生年月日:1977年4月14日(42歳)

出身地:千葉県千葉市花見川区

血液型:AB型

身長:178cm

最終学歴:関西大学文学部教育学科卒業

出身:吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校22期

コンビ名:足軽エンペラー(1999年 - 2003年)

南海キャンディーズ(2003年 - )

相方:西田富男(足軽エンペラー)

山崎静代:南海キャンディーズ)

芸風:漫才(ツッコミ担当。足軽エンペラー時代はボケ担当)

立ち位置:左

事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

活動時期:2000年 -

04年のM―1グランプリで2位

同期:ハマカーン、キングコング、ナイツ、オードリーなど

現在の代表番組:

スッキリ!!

アウト×デラックス

ナカイの窓

山里亮太の不毛な議論

たまむすびなど

過去の代表番組 アナ誕!

G.I.ゴロー

スター姫さがし太郎

SKE48のアイドル×アイドル

密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!

宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!など

 

◎蒼井 優

名前:蒼井 優(あおい ゆう)

本名:ナツイ ユウ

生年月日:1985年8月17日(33歳)

出身地:福岡県福岡市

身長:160 cm

血液型:A型

職業:女優

ジャンル:テレビドラマ、映画、CM

活動期間:1999年 -

06年「フラガール」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞。

17年「彼女がその名を知らない鳥たち」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。

事務所:イトーカンパニー

主な作品

テレビドラマ

『14ヶ月』/『タイガー&ドラゴン』

『Dr.コトー診療所2006』/『おせん』

『龍馬伝』/『Dr.倫太郎』

映画

『花とアリス』

『ニライカナイからの手紙』

『ハチミツとクローバー』

『フラガール』/『蟲師』

『百万円と苦虫女』/『おとうと』

『洋菓子店コアンドル』

『東京家族』/『るろうに剣心』

『オーバー・フェンス』

『彼女がその名を知らない鳥たち』








最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事