スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

暑い夏が近づくにつれ、お中元をどうしようかと考え始める頃になりました。

毎年同じもの?とか今年はどうしようとか迷ってしまいますね。

お中元は、親しい方やお世話になった方へ日頃の感謝を伝えるための

大切なコミュニケーションツールの1つです。

しかし、社会人になったことを機にお中元を贈ろうと考えている方など、

初めてお中元を用意する方の中には「お中元はいつ贈ることが正しいのか」分からず、

困ってしまうこともあると思います。

お中元は地域によって贈る時期が異なるため、関東・関西・九州など、

日本全国の地域ごとにお中元を贈る最適な時期を把握しておきましょう。

そこで今回は、関東・関西・九州など地域別のお中元の時期をご紹介します。

また併せて、お中元に喜ばれるものを考えていきましょう!

お急ぎの方は↓


目次

  • 地域で違うお中元とお盆
  • お中元を贈るマナーは
  • 熨斗はどうする?
  • これからのおすすめ品です

 

 

 

地域で違うお中元とお盆

全国的なコマーシャルが行き届いたり、

ネットでの話題もあり、お中元の時期は

ほぼ全国的に同じ時期のようになってきました。

 

全国的な時期は7月初旬から8月15日までのようですが、

それぞれの地域で特徴があるようです。

最近は大体、7月の初めから15日くらいまでに届くように

業者の方が気を使っているようですね。

でもいまだに地域によって時期があるようです。

 

◎主な地域と時期  

地域        時期

北海道    7月15日~8月15日が一般的

東北     7月初旬から7月15日が一般的

北陸     2パターンに分かれる。

7月初旬から7月15日の地域と、

7月15日~8月15日 都市部など広い範囲では関東と同じ時期。

それ以外では北海道と同じ時期の傾向がある

関東     7月初旬から7月15日が一般的 6月20日頃から贈り始める人もいる

関西     7月15日~8月15日が一般的

東海    7月15日~8月15日が一般的

四国    7月15日~8月15日が一般的

中国     7月15日~8月15日が一般的

九州     8月1日~8月15日が一般的 他の地域の影響により7月中に贈る人も増えている

沖縄     旧暦の7月15日まで お盆を旧暦で行うため、この日までに贈る

※お盆の時期が地域によって異なるため、このようにバラバラなのだそうです。

もし、立秋8/7頃が過ぎていたら、残暑御伺として送りましょう!

スポンサーリンク

お中元を贈るマナーは

◎誰にお中元を贈るのか?

お金が湯水のようにあるなら、あまり深く考えなくても良いですが、

お中元は1回きりではなく、1度贈るとやめにくいですので、

良く考えてからにしてください。

基本的には、知人・友人・恩師・上司など、お世話になった方に贈ります。

 

◎金額はいくら位のものを贈ればよいのか?

明確な金額の規定のルールはありません。

一般的に3,000円~5,000円が相場のようです。

 

◎お中元の贈り方は?

お中元は本来、風呂敷に包んで相手の家に伺って

お渡しするというのが基本のマナーですが、

最近は持参して渡す人はほぼいません。

郵送で、全く問題ありません。

 

◎お中元を贈る時は、「贈りますよ」と言ってから送るのか?

お中元を贈る相手に対して、許可はいりません。

品物が届く前に送る「挨拶状」というのは存在します。

この「挨拶状」ですが、初めてお中元を贈る時や目上の方に贈る時に、

挨拶状を添えるべきかで悩んでしまうんですよね。

 

お中元を贈る時のマナーには様々ありますが、

そこまで気にする必要はありません。

いつ贈るかの時期や、誰に贈るかの方が重要です。

 

熨斗はどうする?

「のし」は最低限必要なものなので、のしについて確認しておきましょう。

お中元のマナー のしについて

「のし(熨斗)」は結婚式やお見舞いでも使いますので、

ほとんどの方が見たことがあると思います。

こういうやつですね

お急ぎの方はどうぞ↓


お中元などの贈答品を購入すると、

「内のし」ですか?「外のし」ですか?

と聞かれる事があります。

 

内のしと外のしの違いを知らないと、恥ずかしい思いを

してしまうかもしれませんので、

確認しておきましょう。

 

◎内のし

のしが包装紙に隠れるので外からは見えません。

相手に届いた時に、何の目的で送ってきたのかがわかりません

(包装紙を外せばわかるので、あまり関係ありませんが・・・)

「お中元」とか「お歳暮」などがわからないように送るので、

控えめな贈りものです。

 

主に内祝いとして「内のし」は利用されます。

内祝いは元々は、「自分にお祝い事があったのでおすそ分けします」という意味合いのものですが、

今は「お返しの品」という意味合いに変わってきています。

お中元を送る時は「内のし」で送る事がほとんどです。

 

インターネットや百貨店などで購入した際は、宅配便でお届けする事になるので、

配達の際にのしが破れないように「内のし」対応になっています。

 

◎外のし

言葉の通り、外にのしをつけるので、相手が何の目的で贈り物を送ってきたのかが一目でわかります。

結婚や出産祝いなどに「外のし」を利用することが多いです。

 

◎のしをつけない場合

「内のし」も「外のし」もつけない贈り物もあります。

肉や魚などの生ものを送る場合にはつけない事もあります。

 

のしの由来が鮑(アワビ)の干物を伸ばした(熨ばした)ものを

「熨斗鮑」と呼んでいたことから、

贈り物が生ものの場合は、

贈り物とアワビ(のし)で生ものが二重になってしまうという理由でつけない場合もあります。

ただ、「内のし」「外のし」「のしをつけない」など厳密にルールがあるわけではありませんので、

あまり気にする必要はありません。

ちなみに、現在の主流は「内のし」です。

 

これからのおすすめ品です

さてではいよいよ何を贈るかです!

毎年決めている方もいますね!

洗剤や植物油などの日用品や、

ハムやジュースとか家族でいただけるもの。

又は嗜好品などが定番ですね。

 

今年はこちらをおすすめしていますよ!










いかがですか?

決まりましたか?

もし見つからなかったらここからどうぞ



 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事