沖縄旅行+座間味島の旅!梅雨でも面白い穴場がいっぱい!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回は梅雨時の沖縄の楽しみ方と、離島の面白さをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

6月12日から15日まで、沖縄旅行に行ってきました。

本土で見る天気予報は雨だらけ(笑)でしたが、

実際の現地では全く降られませんでした?

あ、実際は土砂降りにあったんです!しかもカミナリも!

でもそれは全部、夜中から朝方まで。

朝起きたらやんでいたです。ラッキーでしたね。

それでもって、楽しかった4日間を報告しますね。

それから、今回はいわゆる観光地は行っていません。

その情報をみたかった人はゴメンナサイです。

私は毎年沖縄にいきますので、いわゆる観光地は最近は出かけないのです。

ただし、その年の雰囲気を知りたくて、国際通りや海岸線は行くようにしています。

それでは、今回の沖縄のお話です。

 

目次

  • 梅雨時なのに晴れでした(笑)
  • いざ離島・座間味村へ!
  • 黒糖とすっぽん?
  • やちむんの里の金城陶器所
  • 泡盛の蔵見学も楽しいですよ!
  • 沖縄の晩餐は地元の魚で

 

お急ぎの方は↓

今こそ沖縄へ出かけよう!

梅雨時なのに晴れでした(笑)

6月12日中部国際空港を出発した私は、天気予報を確認しました。

この日の那覇の天気予報は曇り!まあましな方か?

しかし、那覇空港に降り立て見ると太陽が出ていました(笑)

あれ!晴れているじゃん!!

早速タクシーに乗り込んでホテルへ。

運転手の人いわく、沖縄の梅雨はじとじとと長く雨は降りません!

スコールのような降り方ですよ!と教えてくれた。

思わず納得してしまった。

今回のホテルは、離島へ行くのでフェリーの発着所のある泊港の

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハにしました。

ここなら悪天候でも簡単に対応できると思ったからです。

沖縄旅行コツ①

お土産は初日に買って発送するべし!

私は沖縄旅行に来た時には、だいたい初日か2日目にはお土産を

買って自宅へ発送します。

お土産は大体わかりますのでそれほど迷いません。

いつも喜んでくれているものや、はやりの物をチョイスしています。

その為に今回は、モノレールに乗って買い物に行きました。

赤嶺駅目の前にある「酒のスマイル 小禄店」です。

ここは泡盛の品数も多く沖縄限定品もあります。

また、定番品や地域商品もあり結構楽しめます。

「酒のスマイル 小禄店」:https://www.sakenosmile.okinawa/

 

沖縄旅行コツ②

第一牧志公設市場での飲食は?

ここ数年特に感じるのですが、第一牧志公設市場は中に入ると臭いです。

食べ物を売っている市場とはとても思えない臭いです。

だから、ここでの買い物や飲食は覚悟がいるようです。

この付近で食べ物を買うなら、近くのスーパーで買った方が

断然お得で新鮮です。

ちなみに、6月16日で現在の市場は閉鎖され、新築工事の為

仮説場所への移転が決まっているそうです。

綺麗で、衛生的な市場になる事を祈ります。

宿泊ホテル「沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ」は

結構快適なホテルで、素敵な部屋でした。

いよいよ明日からは離島です。

 

スポンサーリンク

いざ離島・座間味村へ!

座間味行き高速フェリーに乗りました。

ここで問題が・・・

乗船前のチケット売り場で、担当の人が、明日のフェリーは欠航に

なるかもしれないとの情報がありました!

どうやら、今の天気図では波が荒くなるとのことです。

今回の沖縄旅行の目玉は、この座間味島探検です。

いっても帰れないのでは?困ります。

げげげ、どうしよう!

 

担当の人と相談していたら、明日の座間味島へのフェリーは変則運行で

高速船の他に、大型のフェリーが座間味島から朝一で出航するとのこと。

この船は大型なので、明日は必ず運行するだろうとのことでした。

もし、高速船が欠航したら、大型船に乗ってこればよいとのことで

安心して、座間味島へ渡しました。

船旅は快適で、低気圧の影響など感じませんでした。

でも、天気予報は、午後には雨と風の予報が出ていました。

座間味島での楽しみの一つのシーカヤックははたして出来るのか?

少し心配しながらの上陸です。

 

〇レンタル自転車を借りて島内を散策!

借りたのは、軽食もある「サバイディカフェ・サバイディレンタル」です。

ここは、本当に美味しい自然な素材で作られています。

紅芋スムージーが絶品でした。

空は曇りで時々薄明かり差す感じです。

快適なサイクリングで見つけた白浜は本当に珊瑚の砂!

本島よりも格段にきれいです。

貝や珊瑚のかけらを拾いながら一時慶良間ブルーの海を眺めるのは

本当に沖縄の海を満喫できます。

何もしていないのに、本当に最高の気分です!

マリリン像の前を通り、阿真ビーチを抜け結構アップダウンのある道を走って

ついたのは、神の浜展望台、そして、女瀬の崎展望台です。

曇っていても見晴らしは最高でした。

〇昼食はモズク入りそばが美味しかった!

「もずくそば 和山海雲」最近できたお店だそうで、

座間味名物「もずくそば」の店。

オーナー自ら養殖した地元のもずくを練り込んだ

コシのある沖縄そばと、かつおと昆布の風味豊かな

和風だしがマッチして美味。

冷たいのが絶品ですよ!

 

〇シーカヤックは風の為中止!

残念なことに、午後から風が出た為、シーカヤックは中止でした。

島内のすべての場所が中止となりました。

風向きでどこかできるところがあるとも聞いていたのですが

残念でした。

 

〇ホテルの食事はボリューム満点

宿泊は「シラハマアイランズリゾート」ホテルです。

港に近く、便利な場所にあり、座間味地区の唯一のホテルです。


今回はホテルの食事を頼みました。

夕食はボリューム満点で食べきれませんでした。

特に、マグロのカツが旨かった!

ホテルはチェックイン前でも荷物を預かってくれたりで親切でした。

 

〇夜中はカミナリと雨!

夜半に雷が鳴りだし、雨も降りだしました。

やはり天気予報は当たったと思いながら就寝

朝方はすっかり雨は上がっていましたが、予想通り

フェリーの高速船は欠航でした。

したがって、これも想定内で、大型のフェリーに乗って本島へ

帰ってきました。

やはり想定内だと、不安なしで旅行が楽しめますね(笑)

お急ぎの方は↓

今こそ沖縄へ出かけよう!

黒糖とすっぽん?

本島での観光ですが、今回はタクシーを使いました。

少し前までは、レンタカーを使っていたのですが、

高齢ドライバーの事故が相次いであり、最近はタクシーか

公共交通機関を使っています。

〇黒糖の製造現場を見る

サトウキビから作られる黒糖の作成工程を見せてもらえます

「沖縄黒糖」当然無料です。http://okinawa-kokuto.co.jp/index.html

 

サトウキビの製造工程

①サトウキビを搾る!

②キビ汁のアクを取り除く

③キビ汁を煮詰めていく

④黒糖をさまして完成!!

そして、大量の試食品!これは美味かった!

何と言ってもミネラル豊富な黒糖です!

 

〇沖縄ですっぽん!

ビックリしたのは沖縄ですっぽんが食べられることです。

しかも養殖場も沖縄ですよ。

 

すっぽんの有名な養殖場はどこか知っていますか?

浜名湖周辺なのですよ!あのうなぎで有名な浜名湖です!

実は近年浜名湖周辺は、うなぎよりもすっぽんの養殖に力が入っています。

この浜松産すっぽんは、京都の名店「大市」でも使われているのです。

それだけ全国で有名なすっぽんの養殖地浜松浜名湖周辺。

しかし、沖縄でのすっぽん養殖は知りませんでした(笑)

その沖縄産すっぽんを使ったすっぽんそばが絶品でした!

値段は800円!この値段でこの味は最高ですよ!

すっぽん館:http://okinawa-kokuto.co.jp/html/restaurant/index.html

お急ぎの方は↓

今こそ沖縄へ出かけよう!

やちむんの里の金城陶器所

沖縄の焼き物は、人間国宝になった金城次郎氏を外すわけにはいきません。

私はその孫の、金城吉彦氏の作品が好きで、

沖縄に来るたびに必ずここを訪れています。

そして、自宅におれば、お声をかけさせてもらい、

しばし歓談をお願いしています。

金城吉彦氏の作品は飾るところがなく、土と炎の戦いの後が

色濃く出ているものが多く、普段使いでも温かく手にすっぽりと

おさまり、食べ物を優しく包んでくれる感じが好きなのです。

 

いつも飲む焼酎や泡盛は本当に美味しいです。

魚も野菜も美味しく見えます(笑)

<金城吉彦作品>

 

 

泡盛の蔵見学も楽しいですよ!

今回の旅で、泡盛の蔵の見学にいきました。

あなお名品「残波」の有限会社 比嘉酒造です。

少しフライング気味についたのですが、気持ちよく受け入れてくれました。

仕込みのお米の種類(タイ米)から洗浄、蒸し、一時仕込み、二次仕込みと

大きなカメ貯蔵場までしっかりと案内してくれました。

そして、最後は楽しみの試飲です。

出来立ての、残波から古酒まで、いただきました。

いやー離れたくなくなりました(笑)

本当に飲みやすい泡盛「残波」ですね。

僕はじゃらんの予約でいったのですが、特別の古酒が

おいてありました。

美味しかった~~

後ろ髪をひかれながら一度ホテルへ帰還です。

お急ぎの方は↓

今こそ沖縄へ出かけよう!

 

沖縄の晩餐は地元の魚で

今回は友人の情報から出かけました。

この店は沖縄県庁の近くのお店で、こじんまりとして

きれいなお店でした。

「旬鮮食堂りーさん堂」です。

中国系の御主人のりーさんが面白く元気で活気のあるお店です。

何と言ってもお魚が美味しかった。

お刺身も旨かったが、定番のグルクン唐揚は美味かった。

なかなか一匹唐揚げで頭と身の部分をうまく上げるのが難しいのですが

ここは美味かったです。

また、ミーパイのマース煮もいい味でした。

でも、お鮨はシャリが駄目で美味しくなかった。

値段は結構高かった。

特にその日のおすすめは値段が表示されていないので要注意です。

確認しながら食べてくださいネ。

味も雰囲気も良かったですよ!

 

こうして、今回の沖縄旅行の幕は閉じていきました。

今回は梅雨時で、あまり期待しなかったのですが

結構満足な旅になりました!

皆さんも是非お出かけください↓

今こそ沖縄へ出かけよう!

沖縄旅行ならここからどうぞ↓






最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事