春風亭昇太が結婚!相手は19歳下の女性で馴れ初めや妊娠の可能性?
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回は笑点の司会でおなじみの春風亭昇太師匠が結婚を発表した!

お相手は19歳年下の40歳の一般女性とのこと!

それでは見ていきましょう。

目次

  • 馴れ初めや結婚の決め手は?
  • 妊娠はあるのか?
  • 春風亭昇太師匠プロフィール

 

映画ドラマもここで見逃さない⇓

 

馴れ初めや結婚の決め手は?

--いつごろどうやって知り合われたのか

「『ご飯を食べに行こう』と14年前に知り合いの方が誘って下さり、そこに行ったら、そこに(彼女が)いたんです。連絡先は交換したけれど、それから10年くらい会っていない。それから(熱海五郎一座の舞台に出演した際)楽屋に来てくれて、それから3カ月に1回くらい、ときどきご飯行くようになった」

--どちらからお付き合いを言い出したのか

「僕から『付き合ってみますか』と。そしたら「はい」と。普通にこう話していたら、ちょっときているな(脈があるな)、ってわかるじゃないですか。なので、まあ、『付き合ってみますかと』」

--だから結婚の時も

「『しますか』、『はい』みたいな。ご飯食べに行って、今年に入ってから『付き合いますか』と。1カ月~2カ月前に、『結婚でもしませんか』と」

--結婚の決め手は

「決め手はそろそろしないと死んじゃうなと、第一発見者が欲しいなと。危険じゃないですか、(年齢を重ねるにつれ)いつ倒れるかわからないから」

--相手の好きなところ
「いつもにこやかにしているところが好き」

--お相手は昇太さんのどこを好きだと思いますか

「全部だと思う。聞いたことないけど。全部。収入も含めて」

--今月の落語芸術協会会長就任の時に言わなかったのはなぜ

「あの場で言っちゃうと、結婚のニュースの方が大きくなるから」

--入籍は済ませたのか

「入籍はこれから。でも記入済み婚姻届は相手に渡した。一緒に提出しに行くのは恥ずかしいから、一緒には行かない」

--相手が婚姻届を出さない可能性もあるのでは

「それは…会見を開いてそれはとても恥ずかしい」

--指輪は

「まだ。いつか。渡さないと一生言われるから渡すことは渡すつもり」

--結婚式は

「まだ、いつか。でもしないと一生言われるから、やる予定」

 

 

ここまで散々独身ネタで笑いを取ってきた昇太師匠。

いよいよこのネタが使えなくなるとの質問に、

「僕のネタはたくさんありますからね!心配しないでください(笑)」と

答えていた。

 

それにしても、14年も前に知り合って、ここまでズルズル長引いたのは

1人暮らしを謳歌したいと言う昇太師匠のわがままだったのではないでしょうか(笑)

いよいよ人生の最後が見えてきて「不安」がよぎり慌てて探した(笑)

そしたら身近に素敵な方が残っていたようである。

残り物には福がある(笑)

お幸せに!!

スポンサーリンク

妊娠はあるのか?

相手が40歳ということで、まだ妊娠の可能性はある。

この事は今のところ何の発表がないがもしかしたらであろう?

ただ結婚の発表会見では、現在のところない?との言い方であり

作らないとは言っていない。

自然に任せると言うようなスタンスと取ってよいだろう。

昇太師匠の年齢を考えると、出来るだけ早くできることを

お祈りします。

春風亭昇太師匠プロフィール

名前:春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた)

本名:田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)

生年月日:1959年12月9日(59歳)

出身地:静岡市清水区

師匠:春風亭柳昇

名跡:1. 春風亭昇八(1982年 - 1986年)

2. 春風亭昇太(1986年 - )

出囃子:デイビー・クロケット

活動期間:1982年 -

活動内容:新作落語

配偶者:既婚

所属:落語芸術協会

受賞歴

1989年:NHK新人演芸コンクール 優秀賞

2000年:国立演芸場花形演芸大賞

備考

落語芸術協会会長(2019年 - )、日本演芸家連合理事

<ウィキペディア>

師匠の春風亭柳昇は、自身の身体的特徴もあり、新作落語専門で大成した人物である。

昇太も新作が売物であるが、古典もかなりの量を手掛けている。

ただし、身内の誰とも似ていない昇太流の強烈なアレンジが施されている。

また、もともとテレビの視聴者参加番組から出てきて弟子入りしたという経緯もあるが、

テレビ活動に力を入れるところも師・柳昇譲りである。

これからの活躍がますます期待される。

腰の落ち着いた落語を聞いてみたい!

スポーツ見るなら↓



資産運用に↓





最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事