着工遅れるリニア新幹線!川勝知事の新幹線の空港新駅設置が望みか?
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回はなかなか工事が進まないリニア鉄道の静岡県のトンネルをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

簡単にとれる会社の必需品↓


着工が遅れてリニアの開業が遅れる?

JR東海が令和9年開通を目指すリニア中央新幹線、

その開業がここへきて予定通りの開業が危ぶまれている。

 JR東海が令和9年開通を目指すリニア中央新幹線の予定通りの開業が危ぶまれている。

南アルプスを貫通するトンネル工事で重要水源である大井川の水量が減少するとのおそれに加え、JR東海の緩慢な対応への不信感から、静岡県が着工を認めていないためだ。一方、開業効果に期待する沿線他県からは静岡県への苦言も出ている。静岡県の真意は見返りにあるとの観測もあるが、両者の間の溝は深い。

「名古屋までの開業に影響が出れば、大阪までの開業時期にも影響を及ぼしかねない」。今月7日、大阪市で会見したJR東海の金子慎社長は静岡工区の未着工問題に危機感を示した。

リニアのルートで静岡県内を通るのは北部の山間部のみ。駅もできず、約25キロの南アルプストンネルのうち静岡工区は約9キロにすぎないが、静岡県が着工認可をおろしていないことがネックになっている。

両者の軋轢(あつれき)はJR東海が「工事完了以降、大井川の流量が毎秒2トン減少する」との試算を公表した平成25年9月までさかのぼる。静岡県によれば、大井川を利用する約60万人分の生活用水に相当し、上流域では川が干上がるなどの問題も想定されるという。

その後、JR東海はトンネル工事でわき出た水の全量を大井川に戻すことを明言し、両者の協議が始まった。しかし流量減少の試算公表から5年もの月日がかかったことで、静岡県の不信感は拭いがたくなった。

JR東海は「環境変化は実際にトンネルを掘ってみなければ分からない」と早期の認可を求めているが、静岡県幹部は「JR東海はこちらが要望した県内でのボーリング調査さえ行わない。本気で対策を考えているのか疑わしい」と話す。難波喬司副知事は「静岡県のせいで工事が遅れているという印象を持たれるのは迷惑」と語気を強める。

ただしかたくなな静岡県の姿勢には苦言も出ている。愛知県の大村秀章知事が「まず着手し、不都合があれば立ち止まって考えればいい」と譲歩を促すと、三重県の鈴木英敬知事も同意。山梨県の長崎幸太郎知事は「安全・安心に重大な関心を持って主張するのは当然」と理解を示すが、予定通りの開業を望んでいることに変わりはない。

静岡県の真意については「東海道新幹線の新駅建設を見返りに求めているのではないか」(JR東海幹部)とみる向きもある。

川勝平太知事は6月ごろから、着工の条件に「地域振興」を挙げ始め、JR東海の宇野護副社長らと建設予定地を視察した際には「中間駅を作る金額が一つの目安になる」と、経済的な見返りを求めるかのような言葉を口にした。川勝氏は以前から静岡空港に近い新幹線新駅設置を要望していたという事情もある。

ただ新駅についてJR東海は「空港近くにはすでに掛川駅があるので不可能」との立場。ここでも溝は埋まっていない。(田中万紀、大坪玲央)

 

 

国家事業に近いリニア新幹線の開業を阻止している

静岡県は嬉しくて仕方ないのだろうか?

 

 

スポンサーリンク

川勝知事のエゴ?

川勝知事は新幹線の静岡空港新駅設置を強烈にJR東海へ申し込んできた

しかし、JR東海側は、すでに近くに掛川駅があり不可能と簡単に突っぱねてきた。

これに頭にきているのは、川勝知事であろう。

この腹いせが、現在のリニア新幹線のトンネル工事阻止にある。

あくまでも新駅設置を望む川勝知事は、ルニアの恩恵を受けない静岡県民が

絶対に賛同してくれるとの思いから、トンネル工事を阻止しているのである。

日本全体の事など考えず、自分の点数稼ぎに終始しているように見える。

リニア新幹線の営業は大事な日本の技術の検証である。本来なら国家が

主導して行われるべき事業であろう。

そのことを踏まえても、一県知事がその県の利益だけにとらわれての反対は

見苦しく感じる。

はやくリニアのトンネル工事の着工を許可してほしものである。

みづの問題は、トンネルを掘りながら考えれば容易と思うのだが?

最近の川勝知事の県政は、知事個人の思いが詰まったエゴが出すぎてはいないだろうか?

静岡市との軋轢もニュースを見る限り、静岡市長との子供じみたケンカに見える時が

多いのは、県民の皆さんが感じているのではないだろうか?

海外旅行に↓



映画ドラマもここで見逃さない⇓



スポーツ見るなら↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事