東京オリンピックのマラソン代表2名内定!大迫は3位で終わる!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今日行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で

中村匠吾が優勝!2位は服部勇馬 がはいったをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

スポーツ見るなら↓


東京オリンピック代表内定は中村匠吾と服部勇馬!

15日、東京五輪男女マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が行われた。

明治神宮外苑発着で行われ、男子は中村匠吾(26=富士通)が2時間11分28秒(速報タイム)で優勝、

8秒差で2位の服部勇馬(25=トヨタ自動車)とともに東京五輪内定を勝ち取った。

3位には大迫傑(28=ナイキ)が入った。

 

レース序盤は設楽悠太の独り舞台だった!

1キロ地点から1人で抜け出すと、10キロ地点では29分52秒という日本最高記録を上回るペースを記録した。

沿道からの声援には手を挙げて応えるほどの余裕も見せていた。

設楽は中間地点で1時間3分27秒で折り返し、鈴木健吾、中村、大迫、服部で形成された

2位集団とは2分1秒差をつけた。

 

しかし30キロ過ぎから、設楽のペースが徐々に落ち、設楽は37キロ過ぎで

2位グループに追いつかれ後退した。

中村は終盤39キロ過ぎにスパート見せて、先頭集団から飛び出し、

一度は大迫に追いつかれたが、見事に振り切った。

最後は両手を挙げてフィニッシュした。

これで、2位に入った服部と共に、五輪出場内定切符を獲得した。

 

 

 

スポンサーリンク

3位の大迫はオリンピック出場は?

残念ながら大迫は3位だった。

しかし、大迫はまだまだ東京オリンピックに出場するチャンスはある。

東京五輪の男子マラソン代表の残り1枠は、12月から20年3月にかけて行われる

「MGCファイナルチャレンジ」で派遣設定記録2時間5分49秒を切るランナーの最上位が選ばれる。

記録を切る選手が現れなかった場合は、大迫が代表に内定するとなっている。

 

 

大迫は自身の日本記録を1秒良い記録で走れたら、代表内定を取れることになっている。

また、その記録を誰も切れなかった場合は、自動的に内定となる。

まだまだ諦める必要はない!

海外旅行に↓



映画ドラマもここで見逃さない⇓



資産運用に↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事