巨人日本シリーズへ!丸のスクイズと代走が勝負を決めた!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回は巨人の日本進出決定をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポーツ見るなら↓


丸セーフティースクイズ!で決めた!

何と驚くプレーだった!

観客も一瞬「静」になったほどだ

それだけ丸のこの試合にかける思いが伝わってきた。

 

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦が13日、東京ドームで行われ、5年ぶりにリーグ優勝を果たした巨人が3位から勝ち上がった阪神に4―1で逆転勝ちを収めてアドバンテージ1勝を含めて4勝1敗とし、2013年以来6年ぶり35度目の日本シリーズ出場を決めた。19日開幕の日本シリーズでは2位からパ・リーグCSを勝ち上がったソフトバンクと対戦する。
巨人は0―1で迎えた5回、先頭で打席に入った4番・岡本が2試合連発となる3号アーチをバックスクリーンへ叩き込んで同点。1―1で迎えた6回に先発左腕・高橋が連続四球で招いた無死一、二塁のピンチに登板した2番手右腕・大竹が2者連続三振を含むパーフェクトリリーフで切り抜けると、その裏、一気に攻め立てた。この回、先頭・山本が左翼線に落ちる二塁打を放つと、亀井の犠打などで2死三塁。ここで打席に入った3番・丸が相手の意表を突くセーフティースクイズを決めて勝ち越し。7回にはゲレーロが右翼スタンドへ2号2ランを放って試合を決めた。

9月29日までセ・リーグ4位だった阪神はレギュラーシーズンを6連勝フィニッシュして最終戦(同30日)で3位に浮上し、CSへ進出。2位・DeNAとのファーストステージでは第1戦で6点差をひっくり返すなど劇的な勝利で“下克上”を果たしたが、2014年以来5年ぶり7度目の日本シリーズ進出はならなかった。2回に大山の二塁打から梅野の犠打と糸原の犠飛で1点を挙げて先制。先発右腕・西も6回6安打2失点と好投したが、打線が2安打1得点と援護できなかった。

 

本当に勝負勘、勝ちたい意欲とはこうゆうものだろう。

原監督の思いも突き抜ける勝負勘である スクイズ!丸のスクイズ!

誰もが予想すらしなかった!

だからこそ美しい!

おめでとう巨人軍!

 

 

スポンサーリンク

さあ!日本一だ!

原巨人が目指す日本一は6年ぶりとなる。

前回の時と同じなのは原監督である!

しかし、その実態はすべて違う。

 

この5年で選手も環境も全く違う環境での日本シリーズである。

原監督にしても、巨人軍の選手、スタッフにしても新しい日本一の戦いである。

スポーツの世界は本当に過酷だと思う。

 

選手や監督、コーチ、スタッフそれぞれの思いが詰め込まれたチームが

一丸となって日本一に向かう、それこそ一丸にならないと取れない日本一である。

そのことは、現在行われているラクビーワールドカップの日本選手の掲げる

「ワンチーム」この思いがすべてであろう!

 

その姿に国民は酔いしれ、力と勇気をもらい、明日への希望も見つける!

それがスポーツが輝くときである!

輝く「巨人軍」に栄光あれ!

資産運用に↓



映画ドラマもここで見逃さない⇓





最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事