長万部の黄金毛ガニが最高!カニめし発祥の本場からお届けします!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回はカニの話題です。

カニは蟹でも、黄金の毛ガニのご紹介です。

産地はズバリ、北海道長万部!

カニ好きはここの毛ガニがたまらないと言うほどの味が

とにかく味が良いんです。

そんな長万部の黄金の毛ガニの紹介です!

お急ぎの方はここから↓


カニの中から、通が選ぶのはやっぱり毛ガニ!

カニの本場北海道で一番愛されるのは実は毛ガニなんです!

ご存知でしたか?カニの本場 北海道の人たちに最も愛され、

リピートされているのは“毛ガニ“だということを。

 

タラバや花咲と美味しいカニはいろいろありますが、

しかし地元の人が一番食べたいのは毛ガニなんです!

実際、北海道の方に尋ねてみると、「一番よく食べるカニは毛ガニ」、

「通は毛ガニ」という声が数多く返ってきます。

 

毛ガニは、ズワイガニやタラバガニに比べて、

とても繊細で甘みのある身を持つのが特徴で、

深い味わいがありながらそれでいてしつこくなく、

カニ本来の美味を楽しめます。

 

 

スポンサーリンク

カニみそがたっぷりが毛ガニの最大の魅力!

毛ガニといえば、やはりその魅力はたっぷり入った“カニみそ”。

濃厚でコクのある毛ガニのカニみそは、他のカニとは比較にならない断トツの美味です。

甲羅からすくってそのまま甘いトロトロの味を楽しむのもよし、

ほぐしたカニ身にみそをたっぷりからめて食べるもよし、

日本酒入れてのカニミソ酒は絶品と言うしかありません。

 

 

 

待てない方はこちらから↓


長万部の毛ガニがなぜ美味いのか?

長万部は、噴火湾に接しながら三方を山に囲まれ、

特別豪雪地帯にも指定される厳しくも豊かな自然に囲まれた場所です。

長万部では戦後間もなく毛ガニが豊漁となり、食糧難を克服するために、

毛ガニを使って“かにめし弁当”発売したところ大ヒットしたというのは有名な話です。

そんなかにめし発祥の地、長万部が位置する噴火湾沿岸には数々の温泉が点在しており、

温泉から湧き出るミネラル成分が延々と海に流れ込んでいます。

ミネラルがたっぷり含まれる餌を食べた毛ガニは、きめ細かい繊維と甘みを持つ、

長万部産特有の美味しい毛ガニへと成長するのです。

もちろん、黄金色のカニみそも、この栄養豊富な餌で育った

長万部の毛ガニならではのものです。

 

待てない方はこちらから↓

 

カニ身の質と、みその味も全然違う長万部産!

「長万部で獲れるカニはオホーツクにはいません。」と話すのは、

今回毛ガニをご提供いただいた菊田水産の菊田社長。

繊維が立つくらいきめ細かくて甘味のあるカニ身と、たっぷり入った滋味豊かなカニみそは、

長万部特有のもの。また、長万部の毛ガニは、カニみその入り、色、

味が他の毛ガニとは全く違うと菊田社長は言います。

 

「ここの毛ガニは、みその色が黄色いんです。色だけでなくコクと甘味が全然違います。」

茹であがりが黄金色に輝く甲羅、繊維の立つカニ身、たっぷりと入った黄色いカニみそは、

まさに黄金毛ガニと呼ぶにふさわしい逸品です。

長万部産の毛ガニは美食市でしか手に入らない!

長万部の毛ガニは、資源保護の観点から漁が制限されており、

限られた季節に、5キロ沖までの範囲でしか漁を行えません。

それゆえ、長万部の毛ガニの漁獲高はとても少なく、市場になかなか出回りません。

 

美食市では、交渉を重ね、長万部で長年水産業を営まれている

菊田水産さんより毛ガニをご提供いただけることとなりました。

長万部産の希少な毛ガニが通販で手に入るのは美食市だけです。

ここまでくれば、長万部産の黄金のカニがどんな味か味わいたくなりませんか?

カニ好きには、一度は食べてほしいものです。

ここからどうぞ↓


 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事