秋元議員逮捕!日本が中国資本狙われている歯止めできるか?
スポンサーリンク

スポンサーリンク


こんにちはbarikanです!

今回は秋元議員の収賄容疑で逮捕へをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

簡単にとれる会社の必需品↓


 

いよいよ逮捕の秋元議員!

かねてから捜査していた東京地検特捜部は収賄容疑で自民党の秋元司衆院議員の

逮捕状を取った。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)への日本参入を目指していた中国企業をめぐる外為法違反事件で、この中国企業に便宜を図る見返りに現金数百万円を受け取った疑いが強まったとして、東京地検特捜部が、収賄容疑で自民党の秋元司衆院議員(48)=東京15区=の逮捕状を取ったことが25日、関係者への取材で分かった。特捜部は同日にも秋元氏を取り調べ、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

関係者によると、秋元氏はIR担当副大臣だった平成29年8月以降、中国企業の日本国内でのIR参入に絡み、同社に便宜を図る見返りとして、元政策秘書らを通じ現金数百万円を受け取った疑いが持たれている。特捜部は、中国企業側についても贈賄容疑での立件を視野に捜査しているもようだ。

秋元氏は25日未明、産経新聞の取材に「中国企業側から金銭はもらっていない。そもそも権限がないが、何か便宜を図った記憶もない」と疑惑を否定した。

事件をめぐっては、特捜部が今月19日、中国企業の日本法人役員を名乗る日本人男性らが、無届けで国内へ現金数百万円を持ち込んだとされる外為法違反事件の関係先として、衆院議員会館内の秋元氏の事務所などを家宅捜索。秋元氏から任意で事情聴取し、持ち込まれた現金への関与を調べていた。外為法は100万円を超える現金を国内へ持ち込む場合は税関への届け出を義務付けている。

日本人男性は、中国企業が参入を目指した北海道留寿都(るすつ)村でのIR誘致計画に同社の交渉担当として深く関与。同社と秋元氏をつなぐ役割を果たしていた。

中国企業は、29年8月に那覇市で開いたシンポジウムでIR進出を検討していることを表明。秋元氏はこの際、基調講演を行った。 中国企業は30年1月、札幌市の観光会社が留寿都村でのIR誘致計画を公表した際に出資を表明。翌月には秋元氏が村を訪れ、同社側と村幹部と会っていたが、その後、北海道が誘致計画を断念した。

秋元氏は28年12月の臨時国会で衆院内閣委員長としてIR推進法の成立に関わったほか、29年8月から今年9月まで内閣府副大臣を務め、昨年10月まではIRを担当していた。

 

中国人の日本円の現金持ち込みを発端として特捜部は

秋元議員の収賄事件として立件を含め捜査していた。

 

 

スポンサーリンク

中国の日本買いが止まらない!

中国が世界中にその魔の手を広げていることが徐々に明らかになってきている。

一帯一路を隠れ蓑に、発展途上国に融資をして多額の資金を貸し付け、債務不履行に

なると、その設備を自分の物にして、半ば植民地化してきていることは多くの

事例が物語っている。

 

また、オーストラリアでは政治の中枢に中国系の議員を入り込ませ、

潤沢な資金で政界をも牛耳ろうと画策していたことが明るみに出てきた。

ヨーロッパやイスラムでも同じことが行われてきていることが表面化

してきている。

 

中国は本当に中華秩序を世界に広めだしたのである。

共産主義の思想の力を借りて世界侵略を本格的に進めたのである。

この事に平和ボケの日本人は危機を感じていない。

日本はすでに北海道と沖縄はかなりの範囲が中国資本、もしくは中国の

関係者によって買われている。

沖縄の辺野古の問題は、すでに左翼日本人が中国に売り渡すために活動している

との見方も出ているくらいである。辺野古に注意を向けておいてほかの地域を

買いあさっているとの思いもある。

今回の秋元議員の収賄事件はその一端である。

北海道は誘致計画を断念したが、ほかのところではかなり買われている。

現実にニセコなどは、外国人の街になったような感じです。

なぜなら、地元の住民がここには住めないと悲鳴をあげているのです。

ニセコはすべてが中国人に買収された地域ではありません。スタートは

オーストラリアの夏休みの観光として人気が出たのですが、徐々に中国人に

伝わり、今では中国人の買取も増えてきているようです。

このように日本のいろいろな地域が中国人及び、中国資本に買われています。

平和ボケ日本人は自分の国を自分で中国に売っているのです。

そして、政治家もその一端を担い始めたのです。

中国のしたたかな戦略は日本国家の中枢にまで入り始めたのです。

海外旅行に↓



映画ドラマもここで見逃さない⇓



スポーツ見るなら↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:健美食と共に

関連ブログ:無農薬野菜生活おじさんの話題

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク
おすすめの記事